きたろう便り(茜とモニカ(卒業:ケント))

預かりキタロウくんからの便り&その他

小雪(りぼん)ちゃんのお引越し

福島県飯館村の給餌活動で先では、

小雪(りぼん)ちゃんとあくびちゃんという2匹

のワンコがいるお家がありました。


この2匹のワンコちゃんは、昨年 あくびちゃんの

病死という悲しいことがあり、それからは、小雪(りぼん)ちゃんが

1匹でのお留守番の毎日でした。


小雪(りぼん)ちゃんは、強度のフィラリア持ちで、

いつもゼイゼイと苦しそうな呼吸でした。


この小雪(りぼん)ちゃんですが、

小雪(りぼん)ちゃんをいつも心配していた

給餌仲間のJちゃんの元で暮らせることになりました。


小雪(りぼん)ちゃんをJちゃんに託してくださった飼い主様

そして、飼い主様とお話を進めてくださったJさん

本当にありがとうございました。



小雪(りぼん)ちゃんは、1月11日(土)にJちゃんが

福島までお迎えに行き、お引越しをしました。


安達太良サービスエリアで、休憩中にパチリ。

安達太良SA

長時間ドライブですが、落ち着いていたそうですよ。

いい顔してますね。


安達太良サービスエリアでは、ちょっと休憩のお散歩が出来たそうです。

安達太良SA2

お散歩中に、知らない人に「可愛い」と言われて、

ついて行こうとしたお茶目な小雪(りぼん)ちゃんだそうです。





次は、那須高原サービスエリアでも、

ちょっとお散歩休憩だったそうです。

那須高原SA1

那須高原SA2

あっち、こっちを匂うのに大忙しの小雪(りぼん)ちゃんだったそうです。




長時間ドライブを経て、ようやくJちゃんのお家の

かかりつけの動物病院に到着です。

動物病院での小雪(りぼん)ちゃんは、とってもいい子で

診察を受けていたそうです。

病院2

右を見たり、左を見たりしていた小雪(りぼん)ちゃんです。

病院3




少しすると診察台の上のこの落ち着きっぷり。

病院1

意外と大物の小雪(りぼん)ちゃんでしょうか?

診察結果は、フィラリア症による腹水があり、また気管支炎もあるそうです。

肝臓肥大もありますが、こちらはフィラリアが原因なので、

早速、フィラリア駆除の開始だそうです。





Jちゃんのお家について、翌日の様子です。

落ち着いているようですね。

2日目1


あらら、もうすっかり甘えっこちゃん全開のようです。

2日目2



すっきりとしたとってもいいお顔の小雪(りぼん)ちゃんです。

2日目3

小雪(りぼん)ちゃん

これからは、もう一人ぼっちではありません。

Jちゃんのお家で、安全に暮らせます。



小雪(りぼん)ちゃんの体調管理は大変だと思いますが、

どうか、Jちゃん 小雪(りぼん)ちゃんを末永くよろしくお願い致します。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する